忍者ブログ
気まぐれ更新中の日記メインのブログでし(てかまんまw) 創作好きな人なので、音楽やったりポエム書いたり小説書いたりしてます。 おそらくポエムメインになる事でしょう(笑) 肥大し続ける各HPの更新履歴もこちらに載せています。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

おいでよおいで 眠れぬのなら
私の元へ 来ればいい
泣きたいのでしょう? 苦しいのでしょう?
眠れる場所が 欲しいのでしょう?
お前がそれを 望むのならば
私がそれを 与えてあげる
ねんねんころりよ おころりよ
永遠(とわ)の眠りに つけばいい
PR
壊れた心の欠片 拾い集めて
戻せるのなら…

「愛してる」の台詞 最後に聞いたのは
いつの頃の事だった?
照れたように笑う君 好きだったのに

いつの間にかすれ違い 少しずつ増えていって
仮面被った2人 無理をしてたね

出逢ったあの日に もし戻れたとしたら
違った未来が ココにあるかな?

「さよなら」告げた唇 
もうあの日には 戻れないから
いつまでも本当は君と 肩を並べ歩きたかった


「愛してる」の台詞 最後に言ったのは
いつの頃の事だった?
離れた心はもう 戻らないの

笑顔交わす事さえも なくなってしまったなら
2人でいる意味なんて 何も無いよね

「さよなら」告げた唇 
震えていたの ねぇ気付いてた?
いつまでも本当は君を 愛していたかったのにね
泣きながら一人目を覚ました 真夜中過ぎの部屋の中
隣に眠るハズの貴方の 姿探すけれど
広すぎるベッドの上には 2つの枕並んだまま
暖かな手も絡めた足も 今は何処にも無くて
目が覚めると隣に眠る 貴方の寝顔見てはにかむ
そんなささやかな幸せが ずっと続くと思ってた

手を伸ばせば 触れ合えた距離
猫のようにじゃれあってた あの頃
近くて遠い 記憶の中に
映る 幸せな2人


夢の中貴方の名前を 何度も何度も叫んでた
だけど貴方は困ったように ただ笑うだけで
目が覚めてもベッドの中には 貴方の姿も温もりも
今は影すらも見当たらない どんなに強く求めても

手を伸ばせば 触れ合えた距離
猫のようにじゃれあってた あの日々
貴方は空へ 私は陸に
遠く 離されて今は

手を繋いで 歩いた道も
触れた指の温もりも 全て
忘れないから 愛してるから
ずっと 見守っていてね

2人 また逢える日まで



タイトル、まだ迷ってたり。
泣きながら一人 目を覚ました
真夜中過ぎの 部屋の中
隣に眠る ハズの貴方の
姿探すけれど…

目が覚めると 隣に眠る
貴方の寝顔見て 一人はにかむ
そんなささやかな幸せが
当たり前だと思ってた日々

手を伸ばせば 触れられた距離
猫のようにじゃれあってた あの頃
近くて遠い 記憶の中に映る
幸せな2人の姿

────────────────────
…歌詞メモって言っても、メロディ考えながら書いてたのに忘れちゃったのね。
だからメロディ付け直ししなきゃいけない状態だったりもして。
ダメやん。
てか、1番しかまだないし。
字脚とかも酷いなぁ…。
膝を抱えてうずくまってる 暗い闇の中一人
ココは私だけの場所
夢を見ても何を求めても 願いが叶わないなら
心なんていらないの
どうして生きてるの? 楽しい事なんて何もないのに
悲しみや苦しみだけの 世界なんていらない
闇の中白い手首見つめ 消える事だけを願ってる
朝も昼も夜も一人きり 孤独な世界の中で
光溢れる世界夢見て ただじっと待ってる

広い世界の中辛いのは お前だけじゃないのだと
昔誰かが言ってた
悲しくても辛くても生きていればいつかは必ず
幸せな日々は来るの?
落ちてくる大きな手耳に響く声 胸をしめつけて
いつの日か泣く事さえも 忘れてしまったの
これから先どれ程の日々を 一人うずくまりながら
生き続けるの? 何の為誰の為に私はいるの?

ある日現れた優しい大きな手 私を抱いて
大丈夫君はもう一人じゃないと頭を撫でた
光溢れる世界の中を これからは生きるの

どこまでも青い空の下 やわらかな日差しの中で
真っ白なドレス身にまとい 貴方と共に歩き出す
小さな教会の中で 静かな誓いの儀式
これからは愛する貴方と一緒に 過ごしてゆけるのね ずっと
大きな幸せを胸いっぱいに 抱きしめて涙こぼれる

これまでに歩いてきた道 悲しみも喜びも全て これからは貴方と一緒に 思い出積み重ねてゆくの
季節は何度も巡って 二人は四人になって
幸せな時間はあっという間に 流れてゆくけれど きっと
変わらないこの想い続いてゆくの 何年も時が過ぎても
いつまでも愛し続ける



歌詞ちょこっとだけいじってみたり。
元々のだと12月限定になっちゃうので。

「好きだよ」
ねぇどんなに叫んでも 貴方には伝わらないの?
二人こんなに近くにいるのに 心は離れるばかり


「ねぇ」 「ねぇ」
何処を見ているの?
「ねぇ」 「ねぇ」
話を聞いてよ
返事はいつも同じ
「あぁ」 「うん」 「あぁ」
隣の私なんて 見ていない
周りの景色がほら 色を無くし
私が あぁ空気に変わってゆく

心が 音を立てて崩れてく
過ごした季節と共に
二人こんなに近くにいるのに 心はずっと遠くへ


「ねぇ」 「ねぇ」
こっちを向いてよ
「ねぇ」 「ねぇ」
もう疲れたの
貴方の心が ねぇ見えないの
私が その台詞を
言ってあげる
「さよなら」

あの日に描いた夢の未来図
今はもう見当たらないの
二人過ごした日々は消えてゆくの
私の心と共に


二人の心 壊れて消えて
あの日の約束 果たされぬままに…


☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

おいらの各アーティストページにて公開中の曲です。
てか暗っ!!(爆)
ねぇどんな風に貴方を 忘れればいいの?
溢れる想いを何処かに 閉じ込められたら…

好きでいるなら 不安なんて
なくしようがないの 知ってるでしょ?
重ねた唇 離さないで
貴方とひとつに 溶け合いたい

なのに

そっけない言葉 いつもと違う
仕草のひとつひとつに 胸がざわめく

他に誰か好きな人が 出来たなら言って
不安な気持ちに私が 潰される前に…

「君だけが好き」 いつも言って
欲しかったのに何故 終わりになるの?
好きだったのは 私だけなの?
そらした瞳が 物語ってる

そうね

いつからか私 気付いてたのに
貴方の瞳に私は 映ってないと

愛はいつか冷めるモノと 心の何処かで
言い聞かせたなら少しは 楽になれるかな?
    


フリーエリア
アクセスカウンター

カレンダー
01 2017/02 03
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新CM
(03/11)
(10/27)
(10/27)
(10/27)
(10/25)
最新TB
プロフィール
HN:
ルナ
年齢:
40
性別:
女性
誕生日:
1976/05/17
職業:
レジ打ちパートさん
趣味:
創作する事。
自己紹介:
詳しいプロフはこちらから見られまし♪
ブログ内検索
バーコード
忍者ブログ [PR]